地域の未来を次の世代へ

エネサイクル株式会社は環境省「地熱・バイオマス資源を活用する低コスト低炭素化水素製造技術開発・実証事業」に清水建設株式会社、大日機械工業株式会社、株式会社ハイドロネクスト、有限会社市川事務所と共に採択されました。再生可能エネルギー由来の低コストな水素を安定して製造出来るシステムを開発を通じて、地球温暖化防止・CO2排出削減を推進します。

本水素製造の実証事業が報道各メディアにて掲載されました。

独自の木質バイオマスの炭化・ガス化・水素製造技術で「地域経済の活性化」と「地球環境の持続可能性」を実現する

日本は世界有数の森林国であり、国土の約7割が森林と言われています。

しかし、その一方で日本の木材自給率は約3割に止まっており、多くの森林資源は活用されずに山林に残されてしまっています。これは林業という産業が衰退する原因となるだけでなく、森林を健全に保つ適切な間伐ができなくなることで災害につながる場合や、伐採されずに残されている老木は二酸化炭素の吸収率が悪くなり、地球温暖化などの気候危機にも影響を与えているのです。

独自の炭素活用デザインによる環境経営

エネサイクルでは建築廃材なども含めた未利用木材資源を特許を保有する独自の小型ガス化設備の導入により発電、熱利用、水素製造、バイオ炭製造、バイオ燃料など地域の特性に合わせた炭素活用のコンサルティング・支援をしています。

事業を通じて地球温暖化・気候危機解決へ向き合い、地球環境を守る循環型社会の形成をパートナーの皆様とともに築いていきます。

また、バイオマスガスは太陽光、風力と異なり天候の影響も受けにくく、日中も夜間もエネルギーの安定供給が期待できます。

近年は地震や水害などの自然災害が増え、「災害に強く、環境にやさしい持続可能な地域づくり」が重要となる中で、地域の安心安全のライフラインの役割を担うとともに地域の未利用木材資源の有効活用を通じ、森林整備・保全、新産業の創出、雇用の創出等による地域経済の活性化に貢献します。

エネサイクルの木質バイオマスガス化設備の特徴

木質バイオマスガス化発電とは、木質バイオマスに熱化学的な反応を起こし、発生したガス燃料として発電するものです。
エネサイクルでは、バイオマスからの二段階ガス化方式(バイオマス炭化工程と水蒸気改質工程)を用いてガスを生成しているため、直接ガス化方式(熱分解ガス化方式)において課題となるタールの抑制・除去を解決していることが特徴です。
また、炭化工程で発生した排ガスによる熱エネルギーを設備の熱源等に利用することで、化石燃料等の外部熱源を使わないカーボンニュートラルな設備となっています。

木質バイオマスガス化発電
特徴
  • 二段階ガス化によるタールフリーなガス生成が可能
  • 炭化炉で生成した炭化物と水蒸気との改質反応により、水素分最大60%程度の水性ガスを生成
  • 発電機仕様に合わせたガス組成の調整が可能
  • 改質ガス生成に適した蒸気温度の確保
  • 木質バイオマスから炭素純度85%以上の炭化物を生成
  • 炭化炉から発生する排ガスをプラント全体の熱源として利用され、化石燃料を必要としない
ガス化プロセスの概念図(二段階ガス化方式) クリックして拡大
エネサイクルの独自技術
  • 改質炉およびそれを用いたガス化システム
    (特開2019-196452)
  • 炭化炉及びガス化システム
    (特願2021-039061)
  • 賦活炉および活性炭の製造装置
    特許第6418584号)
石狩バイオマス発電所
  • 出力:1,200kWh
  • 運転開始:2017年3月
  • 電力買取価格:40円/kW(税別)
当社技術の活用方法

01.

木質バイオマスガス化発電
(改質ガス化)

二段階ガス化システムによって生成した水性ガスを使いガスエンジンにより発電する方法
  • 炭化炉で木材を炭化物(C)と揮発ガス(H2O、CO2、CnHm etc.)に分解し、炭化物をガス生成に利用。炭化工程を経るため、原料の制約が比較的少ない。
  • 揮発ガスは炉内で完全燃焼して乾燥機等の設備の熱源に使用。
  • ガス化工程では炭化物(C)と過熱蒸気(H2O)の反応のため、タールは発生しない
木質バイオマスガス化発電

02.

水素製造

二段階ガス化システムの特徴である水素分が豊富なガスを利用して純度99.999%の水素を抽出・製造する方法
  • 蒸気改質により生成したタールフリーなガスは60%程が水素であるため水素ガスとして高い効率で精製することが可能。
  • この純水素は最近市場にも出始めている水素自動車の燃料として利用することができる。

03.

熱利用

炭化炉・発電機の排熱を温水の製造や空調などに活用
  • 電力を作る過程で、炭化炉やガスエンジンから発生する数百度の高い温度を持つ排ガスを原料である木質バイオマスの乾燥や水蒸気の生成に利用する他、温水の製造や空調への利用ができる。
熱利用

04.

バイオ炭の製造

炭化炉で作られる炭化物は殺菌・吸着能力を有した高機能なバイオ炭として農業肥料などに活用
  • 炭化炉で生成される炭化物は高い炭素純度(約80〜90%)を持ち、多孔質なため、農業における土壌改良材や吸着剤など様々な場面で利用可能。
  • 更にガス化工程を経て、排出される改質済の炭化物は約1,000㎡/gの比表面積を持つ吸着性能の高い素材になる。
  • バイオ炭の農業利用が炭素貯留の方法論として、日本政府のJ-クレジット制度で認定。カーボンネガティブな環境にやさしい地域農業の発展に貢献。
バイオ炭の製造

05.

バイオマス燃料

石炭の代替燃料として利用が活発化しているバイオマスの半炭化燃料化(炭化炉による製造)
  • 石炭火力発電に使用する石炭の代替燃料となるバイオマス由来の燃料。
  • 石炭に近い粉破性能を持つことで、既存の設備でそのまま利用が可能。
  • 石炭と混焼することによって、石炭の使用量を低減し、石炭への依存を減らすとともに、CO2削減につながることが可能。
お問い合わせ
会社概要
会社名 エネサイクル株式会社
所在地 【本社】
〒989-6412
宮城県大崎市岩出山下の目字寒気原1番地1号
FAX:0229-72-2073
【石狩事業所】
〒061-3244
北海道石狩市新港南2丁目715番地2
FAX:0133-60-2121
【東京事務所】
〒102-0074
東京都千代田区九段南4丁目2-11 アビスタ市ヶ谷ビル2階
TEL:03-6272-4366
設立 2015年7月
代表取締役 野村 征充
資本金 100,000,000円
事業内容
  • 木質バイオマスのガス化技術開発
  • 木質バイオマス発電設備の運転
  • バイオマスの炭化およびガス化装置の設計・建設
  • バイオマス燃料の開発・製造
特許関係
  • 賦活装置および加活性炭の製造装置(特許:第6418584号)
  • 改質炉およびそれを用いたガス化システム(特開:2019-196452)
  • ガス化システムおよび改質炉(特願:2020-115507)
建設業許可 特定建設業 許可 東京都知事(特-30)
第149387号 機械器具設置工事業
関連会社 ジャパンサイクル株式会社
お問い合わせ
expand_less